<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お気に入りのメイプルフレーク | main | お気に入り生もみじまんじゅう >>

蔦屋十三郎

0

    サントリー美術館の展覧会へ。18世紀後半、安永・天明・寛政期の江戸の文化を楽しみました。浮世絵の喜多川歌麿、東洲斎写楽、戯作の山東京伝、狂歌の大田南畝(なんぽ)といった江戸文化を彩る花形スターたちの作品を巧みに売り出し、江戸文化の最先端を演出・創造したのが、版元の蔦屋重三郎でした。江戸吉原の人気ガイドブック『吉原細見』の独占出版、狂歌と浮世絵を合体させた豪華な狂歌絵本の刊行、当時の情勢を風刺した京伝らによる戯作の出版、歌麿の才能を存分に開花させた美人大首絵の発明、謎の絵師・写楽の“発見”など、次々と流行の最前線を創り出し、リードした人です。この展覧会では、この名プロデューサー「蔦重」の出版物を通して、多様な“江戸メディア文化”を楽しめました。

    aromakusakabe * - * 01:12 * comments(0) * - * - -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ