<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

マルファゲライブ

0


    友人の築地和光の丹羽さんとドラマーのまるちゃんに義太夫豊沢くんが参加して新年初ライブがありました。一時間近く歌いこみ、聞かせてくれました。次回丹羽さんのライブは2月14日にゲストとして用賀のライブハウスに出演します。本当に楽しい同級生です。


    aromakusakabe * コンサート * 00:09 * comments(0) * - * - -

    みなとオペラ愛好会公演

    0

      音楽歴5年、未だに譜面読めず、音感無しと謙遜するが、確に5年前はそうだった友人がみなとオペラ愛好会に入って、なんと今回モーツアルト作曲コジ・ファン・トゥッテのドン・アルフォンソ役を堂々とこなした。昔からオペラを歌っていたかのような素晴らしい声に感動でした。実は最初、私が5年前オペラを習いに行った。皆さんそこそこ上手で、下手が目立たないように彼を無理矢理連れて行った。なんて音感がない人と誰でも思い、私なんて自分より下手な人がいるから良かったと胸を撫で下ろしたのです。カラオケさえ歌った事がない彼にはオペラは可哀想でしたが、オペラが出来ると必ずモテルからとあの手この手で毎回誘ったものです。私は続かず、5年後彼は素晴らしいオペラを歌って、歳の差カップルと人も羨むほどの可愛いお嫁さんを手に入れました。モーツァルトのオペラは素晴らしいけど彼もオペラで素敵な人生を送っている。

      aromakusakabe * コンサート * 00:10 * comments(0) * - * - -

      ベルリンでのコンサート

      0

        べルリン・フィルハーモニーの本拠地てもあるコンサートホールフィルハーモニーはカラヤンが作らせた最高の音楽を聞けるホールだそうです。今夜は指揮者の金聖響さんのベルリンに住む叔父様ご夫妻からのご招待でドイツsymphonyorchestraの演奏会でした。カール フィリップ エマニエルバッハの曲の、中でも指揮者TON kOOPMAN のチェンバロの為のコンチェルトがよかったです。又ハイドンの最後のsymphony104番は感動しました。本場ならではの音にすっかり馴染んでしまいました。

        aromakusakabe * コンサート * 09:57 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        ベルリン国立歌劇場 ドン・ジョヴァンニ 全2編

        0


          今日は、ベルリン国立歌劇場のオペラ公演へ行ってきました。日本公演は5年振り。
          今回は世界的指揮者であるダニエル・バレンボイムの指揮するW.A.モーツァルト作曲の『ドン・ジョヴァンニ』の公演でした。
          個性的な演奏が本物の風格と成熟を実感出来て本当に素晴らしかったです。
          彼が1973年に初めてオペラを指揮した記念の作品がドン・ジョヴァンニだったそうです。
          私はこのオペラが何回見ても飽きないほど好きです。中でも、ドンナ・アンナのアリアが魅力的でした。


          aromakusakabe * コンサート * 23:14 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          西本智実のヴェルディ

          0

            前から絶対行きたかった西本智実さんの指揮するコンサート
            今夜はヴェルディのレクイエム〜マンゾーニの追悼のために〜ヴェルディがこの曲を作曲したきっかけは、イタリアの国民的文学者のマンゾーニを追悼するためでした。
            マンゾーニの一周忌にあたる1874年5月22日、ミラノの中心にあるサン・マルコ教会で自らの指揮により初演されました。
            本来、カトリック教会における死者のためのミサ典礼に際して演奏される楽曲だそうです。ヴェルディと言えば椿姫やリゴレットのオペラを思い浮かべる方も多いでしょうが。今夜はカッコイイ西本智実さんのヴェルディを十分堪能できました。



            西本智実オフィシャルサイト
            公式ページです。西本智実さんのプロフィール、コンサート情報満載のサイトです。
            aromakusakabe * コンサート * 02:00 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
            このページの先頭へ