<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

美人延命

0
    美人延命とはなんて素敵な言葉でしょう。
    この言葉を使われているのは、私の尊敬する美容医学の専門家宇津木龍一先生。今日、帝国ホテルプラザに宇津木アンチエイジング外来開設のご案内が来ていました。

    美人延命 ―北里研究所病院美容医学センターの挑戦― (単行本)
    宇津木 龍一 (著) ¥ 1,785 (税込)


    北里研究所病院に美容医学センターが出来た1999年の夏から先生に定期的にマイクロスコープで見た肌診断と状態をカウセリングして頂いておりました。
    仕事柄、やはりナチュラル思考なので私は特別な注射や手術は多分一生やる事はありませんが、宇津木式スキンケアはなるべく守るよう努力しています。
    そのおかげで、私の肌はいつも自分ではまあまあ満足しています。
    宇津木式のスキンケアは自家製保湿成分を少しでも多く皮膚に残すようにクレンジングや洗顔は控える事がこれからのスキンケアのもっとも重要なポイントだそうです。
    最近の研究で皮脂膜は皮膚の乾燥を防ぐ為にせいぜい、1〜2%の役割しか果たしていなく、保湿効果の大半を担っているのは、皮膚の細胞が自分自身を守るために作り出している自家製の保湿成分だそうです。
    皮膚は保湿成分がこすりおとされますと、干からびるので、細胞分裂も活発におこなわれなくなり、薄くてかさかさの肌になるそうです。ですからまちがった洗顔により、古い角質とともにこすり落とした自家製保湿成分は4〜5日は回復しないそうです。
    何とか自家製保湿成分を残せる洗顔石鹸を開発しましたフィトニックソープはそんな洗顔にぴったりの自然派洗顔石鹸です。


    aromakusakabe * アンチエイジング * 02:23 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
    このページの先頭へ